忍者ブログ
izaブログで名を売らせて頂いた原点の「戯言」が書いてある「過去帳」です。 忘れたくない原点ですので、更新はしませんが、削除もしないスレッドです。
[724] [723] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716] [715] [714]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


<引きずり殺害>被告が殺意否認
 大阪地裁初公判
(3月2日11時49分配信 毎日新聞)
 
08年10月、大阪市北区のJR大阪駅前の交差点で、会社員、鈴木源太郎さん(当時30歳)を車ではね、約2.9キロ引きずり殺害したとして、殺人と道交法違反(ひき逃げ、無免許)などの罪に問われた住所不定、元飲食店従業員、吉田圭吾被告(24)の初公判が2日、大阪地裁(秋山敬裁判長)であった。
吉田被告は無免許運転でひき逃げしたことを認めたうえで「引きずっていることには気付かなかった。殺意を持って逃走しようとはしていない」と殺意を否認した。
弁護側も「殺意は争う」と述べ、殺人罪ではなく、自動車運転過失致死罪を主張した。
検察側は冒頭陳述で「別の詐欺事件で執行猶予中だったため、無免許、酒気帯び運転が発覚すれば執行猶予が取り消され、服役することになると考え逃走した」と動機を指摘。検察側によると、被告は同市此花区の駐車場に車を止めた後、被害者が路上に放り出された現場まで歩いて行ったといい、検察側は「死んでいると感じたが、車に傷がないため発覚しないと考えた」と主張した。
 

皆の者! 面をあげぇい!


吉田被告に問うが「人の振り見て我が振り直せ」と云う言葉を存じているか?

いわゆる「悪い事は自分の身に置き換えて反省する事も必要」と云う事である。

つまり「貴方がやった事を貴方自身で体験する必要がある」と云う事でもある。


奉行は簡単に「死刑」と云う言葉を今回口にしない事とした。

それは吉田被告のこの申し入れに即した裁きを用意したいと思ったからである。

一応確認として、この様な事を申し入れた事に間違いは無いな?


「引きずっていることには気付かなかった。殺意を持って逃走しようとはしていない。」


ならば吉田被告にも「体験」と云うものをして頂く事としようか。

一応「直接引きずる」のではなく「車つきの台車」に乗せて体験して頂こう。

ここで逢ったのも縁なので、奉行が車を運転する事とする。


その体験を下に「反省文」と言うのを書いてもらう事としよう。


本来であれば「江戸市中引き回しの上磔獄門」である。

しかし「人権屋」と云う存在が吉田被告に付いているようじゃ。

それならばせめて「身をもって体験する事」は当然至極であろう。


そもそも「許可を持たない人間が車を運転する」と云う事を考えてみなさい。


ただでさえ「使い方を間違えると殺人機械になる」と云う車ではないか。

奉行が考えるに「2度死刑に処さねばならない存在」なのであるぞ。

「人権屋弁護士」と云う者は「死刑は如何なものか」と申しておるしな。


奉行は遺族に対して、何と慰めを掛ければ良いのかわからなくなるのだ。

まあ「死刑を猶予する」となれば、当然にして「体験」だけはして頂く。

もしも不服であれば「死刑」が当然なのではないのかな。



よって「台車に横たわり一時間高速道路走行の体験」を先ず申し渡す。




これにて、一件落着。
  
 

個人的に非難を書きたいならこっちに正々堂々と書いておくんなまし!

yusa-ozisan@ezweb.ne.jp





 

拍手[4回]

PR

コメント
無題
やばい、このシリーズなんか好き。
【2010/03/05 19:07】 NAME[もちころ] WEBLINK[] EDIT[]
ふふふ ・・・
ありがとうございます! <(_ _)>
【2010/03/07 20:46】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
ゆさこをゐちはこんな奴
HN:
ゆさこをゐち
性別:
男性
職業:
発展途上企業応援団長
趣味:
作詞・作曲
自己紹介:
田舎では珍しい「企業の何でも屋」です。
サラリーマンの方でも結構です。何でもご相談を!
もうひとつのブログです
「ありがとう!」コメント
[07/16 とうりすがりのもの]
[05/23 くじらいだー@]
[03/22 匿名希望らしいです(>.<)]
[03/21 タバコ]
[03/14 匿名希望らしいです(>.<)]
感謝! ご来場回数
お天気情報
アクセス解析