忍者ブログ
izaブログで名を売らせて頂いた原点の「戯言」が書いてある「過去帳」です。 忘れたくない原点ですので、更新はしませんが、削除もしないスレッドです。
[671] [670] [669] [668] [667] [666] [665] [664] [663] [662] [661]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


不景気って大騒ぎし始めて随分経ちますが「平和ボケの経営者」がまだ残ってます。

言いたく無いですが「侍業の族」って、未だに「人のせい」で生きてますな。

税理士・建築士をはじめとした「○○士」って方々の話ですよ。


この前も「ある建築士」って方と話をしたんですな。


「我々はゼネコンに殺されて仕事を失いそうです。」

「彼等は、今迄我々が行ってた小さい仕事を取り上げるんですから。」

「もう、やっていけませんよ。」


とんでもない。 彼等には「罰」が当たっただけでしょうがネ。


小さい大工さんは「今日のお金を稼ぐ為」仕事を選ばずやって来ました。

ところが「先生」ってお互いに呼び合ってる方々はどうしてました?

「プライド」を優先した仕事をして来たって気付かねぇんでしょうかね。


そもそも彼等は「建築士=ミニゼネコン」なんです。


ゼネコンの悪口を言う前に「自分の立場」ってのを考えなくちゃならんでしょ。

それが「仕事が無い」ってんで、ゼネコンの悪口を言うのは「反則」ですな。

「建物の何でも相談屋さん」は、仕事が切れない筈でしょうがネ。


それは「税理士」「司法書士」にも言える話だと思うんですな。


不景気になりゃ「関与先」が倒産する可能性が出るんです。

ところが「税理士=アドバイス出来ない帳簿屋」ってなら、御役御免になるだけです。

だからワタシは、税理士業界とおさらばしたんです。


「先生」なんか呼ばれて、看板だけで商売する時代は終わったんです。


司法書士だって同じですな。

「街の小さな法律相談所」ってな事を言ってるうちは良いです。

でも「モンスタークレーマー」を見分ける事が出来ねぇ方が多くなりましたから。


「常識」って器が変わっちまったんですから、仕方がねぇかも知れませんがね。


だから「置屋のオヤジ商売」って話をしたくなったんです。

足で稼いで、現場を見て、真実を解明する。

こんな思考が無い経営者は、潰れて当たり前なんですな。


まあ、貧乏経営コンサルタントが言うべき事じゃなかったかな?

それぢゃ また明日。



個人的に非難を書きたいならこっちに正々堂々と書いておくんなまし!

acchonpurike@k3.dion.ne.jp





 

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
ゆさこをゐちはこんな奴
HN:
ゆさこをゐち
性別:
男性
職業:
発展途上企業応援団長
趣味:
作詞・作曲
自己紹介:
田舎では珍しい「企業の何でも屋」です。
サラリーマンの方でも結構です。何でもご相談を!
もうひとつのブログです
「ありがとう!」コメント
[07/16 とうりすがりのもの]
[05/23 くじらいだー@]
[03/22 匿名希望らしいです(>.<)]
[03/21 タバコ]
[03/14 匿名希望らしいです(>.<)]
感謝! ご来場回数
お天気情報
アクセス解析