忍者ブログ
izaブログで名を売らせて頂いた原点の「戯言」が書いてある「過去帳」です。 忘れたくない原点ですので、更新はしませんが、削除もしないスレッドです。
[338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地銀転落、血流止まる列島 上場行の半数以上が下方修正
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000030-fsi-bus_all
(10月22日8時4分配信 フジサンケイ ビジネスアイ)


「貸し渋り」との報道は間違って居るだけだ。

単に「返さない企業には貸さない」と正確に書かなければいけない。

最近何件か「新規融資」を金融機関に行って頂いた。
そんな「ワタシの業務経験」から書いてみたい。


先ず、原点から考えてみれば良い。

金融機関だって、金を貸さない事には商売にならない。
しかし、嘘をつく企業に貸して、倒されてしまっては話にならない。
だから当然「人間を見る」ようになるのは当たり前だ。

そんな原点を考えないで「貸し渋り」と非難するのはフェアじゃない。


そこで、最近携わった「融資事情」を書いてみたい。

結構単純な理由で「新規貸付」はスムーズに行ってもらえた。
具体的に判りやすく書けば、こんな感じである。

①金融機関に借入があっても「遅れなく」支払っている。
②新しい仕事が「具体的」に見える説明が出来る。
③従来の仕事での「新規開拓売上」が見える様な説明が出来る。

ひらたく言えば、こんな感じかも知れない。

①前に進む商売をしている。
②その場しのぎの人間性では無い。
③約束の時間を必ず守る。

もっと具体的に書けば、もっと判りやすくなるだろう。

「嘘つきには貸さない」「元気がいい人間が好き」


そんな意味で・・・・・
ワタシが取引させて頂いて居る金融機関の方は、単純に言い切った。

「正直者の商人には、金を貸したくなるんだよ。」
「あんたが推薦する人間なら、安心して金を貸せる。」

すこぶる有り難い話をもらった。


それはそうだ。
ワタシは、金融相談を受ける場合「人間性」だけで判断する。
「将来の事業はこうなる」と言われても、耳は傾けない。

偉そうな事を言う、プライドを持った人間はお断りする。
何故なら、そのタイプの人間がワタシに「借金をプレゼント」してくれたから。

事業収支を見ても、それは一目瞭然である。


しかし「計画を出しても融資が受けられない」場合がある。
確立として100%に近い程、計画書を出しても借りられない人間が判る。

ヒアリングをやって「大丈夫だろう」と計画書を作る。
しかし「オチ」が出るのだ。
その「オチ」が見えると、100%に近い程に金が借りられない。

「お金を借りたい気持」は、それぞれに感じる事が出来る。
辛くて仕方無い時は「僅かでも払うから」の気持が見える。
しかし、人間は正直だ。そこに「嘘」が出て来るのだ。

そう「書類引渡の際に約束の金を払わない人間」は殆ど融資を断られる。


それはそうだ。ワタシの関係する金融機関に推薦出来ないからだ。

「なけなしの金」を払ってでも「何とか希望の道」を探したい。
そんな方々に申し訳が立たないではないか。
それが例え1,000円でも10,000円でも良い。

帰りに「ご飯を食べて安心して帰れます」何て言われた時には腹が立つ。

「あんた、食事出来る金があれば、それを払って行けよ。」

まあ、後は言うまい。



再度申し上げる。 金融機関は「貸し渋り」をするつもりは無いと思う。

「結果的に駄目になってしまいました」の言い訳を聞きたくない。

その一心で、企業を判断しているだけなのだ。



◇記事に関して何でもご意見を下さい◇
acchonpurike@k3.dion.ne.jp

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


【よかったらこちらもご覧下さい】 
「iza」での今日の独り言


松任谷由実と「失恋」~ユーミンについて語ってみた

「不良少女」と言えないの?~中学生の運転報道に考えてみた

「世間の嫉妬」の恐ろしさ~久々の「山本モナ」報道に思った



拍手[0回]

PR

コメント
「やる気」の有る無しは・・・
元大関若島津の松ヶ根部屋のおかみさん
「高田みづゑ」さんは、親方顔負けの負けず嫌いで
所属の若い力士が決意表明で
「幕内にあがれるように頑張ります」
「優勝にむけて努力します」
というような事を言うと叱られるのです。
「なぜ『幕内にあがります』『優勝します』と
言い切らないの!」

ほんの言い回しの違いかも知れないけど
そこには大きな「やる気」の違いがあるようです。

企業も同じなんですね。
問われるのは、本当の意味での「やる気」ですな。
【2008/10/23 00:32】 NAME[くじらいだー@] WEBLINK[URL] EDIT[]
そうなんです!
師匠! なかなか素晴らしい例えを頂き、感謝です。

今日はたまに「ワタシの仕事での交渉」を書いてみました。
「やる気のある為に助けてくれる仕事仲間」のひとつの金融機関。
結構ドロ臭い仕事をしております。

だから「日本人!頑張ろう!」の意味も込めて書きました。
【2008/10/23 00:54】


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
ゆさこをゐちはこんな奴
HN:
ゆさこをゐち
性別:
男性
職業:
発展途上企業応援団長
趣味:
作詞・作曲
自己紹介:
田舎では珍しい「企業の何でも屋」です。
サラリーマンの方でも結構です。何でもご相談を!
もうひとつのブログです
「ありがとう!」コメント
[07/16 とうりすがりのもの]
[05/23 くじらいだー@]
[03/22 匿名希望らしいです(>.<)]
[03/21 タバコ]
[03/14 匿名希望らしいです(>.<)]
感謝! ご来場回数
お天気情報
アクセス解析